09.15
Thu
DSC01787.jpg

先日空いてる日があったので急に思い立って
もうすぐ展示が終わるジブリの立体建造物展へ行ってきました。

以前、2008年くらいに
ジブリの背景作画をやっている男鹿和雄さんの展覧会があって、
その時に背景原画やラフ画はたっぷり観ていたので(DVDも買って、今でも繰り返し観ます)
今回はメインの立体物を観たくて行ったんですが
期待したほどではなかったかな…

でも唯一、目玉だった「千と千尋の神隠し」の湯屋のジオラマは
圧巻の大きさで、ライティングも凝ってて見応えがありました!
何度も四方をぐるぐる回って観てしまった。
欲を言えば上からも見たかった。

他のジオラマや模型もライティングをもうちょっと何とかしてもらえれば
良かったのにな…と。
ちょっとチャチさが目立ってしまった。
まぁ、小さなお子さんや赤ちゃん連れの方も多かったので
明るくしとかないと危ないのかもしれませんが。

あと意外と面白かったのは
本当の建築家の方が映画に出てくる建物について解説しているところ。
物語1つに1つの様式ではなく、ごちゃまぜに出てくると指摘されているところは
不思議な感じがするのにリアリティがある背景の謎がすとんと腑に落ちました。

湯屋も、元々正面・裏面・側面・下部で様式が違うのは映画を観ていて感じたけど、
実は正面の絵の中でも左右の屋根の様式が違う場所があるというのを
今回ジオラマを観て初めて気付いた。

というわけで
平日の遅めの時間に行ったので何とか待ち時間なしで観られましたが
とにかく混んでました。
休日は180分待ちだそうですよ…



back-to-top